メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始
Q&A
ホーム 診療案内 料金 スタッフ紹介 アクセス Q&A お問い合わせ リンク ブログ

柔道整復術とは?
鍼灸治療とは?
ビワの葉温灸とは?
3Dダイナミック療法とは?

柔道整復術とは?

骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲の施術が主です。骨折、脱臼後の後療法や、運動療法、スポーツ等や、日常生活において捻挫や挫傷、打撲などをした場合など、症状にあわせて手技療法をはじめ、電気療法、温療法、冷療法、固定術等を用いて、日常生活への早期復帰をサポートいたします。

鍼灸治療とは?

東洋医学に基づく治療で、鍼治療とは髪の毛ほどの細さの鍼をツボに差したりさすったりして、経路(気の流れる道)を刺激します。また、筋肉に差すことでコリを除くことも可能です。灸治療とは、ツボや体を温めたり、血液中の白血球を増やして免疫力を向上させたりすることができます。どちらの治療も、一回で出る効果と、続けることで出る効果とがあります。

当院の鍼はすべてディスポーザル(使い捨て)です。

ビワの葉温灸とは?

日本に昔から伝わる民間療法・自然療法のひとつに、「ビワの葉療法」というものがあります。「ビワの葉温灸」とはその療法のひとつです。

ビワの葉温灸の効果

1. ビワの葉の効能

ビワの葉に含まれる成分で注目されているのは、アミグダリンという成分。このアミグダリンが温熱刺激などで体内に入ると、正常な細胞を活性化させる働きがあり(自己治癒力の強化)、さらにガン細胞に対しては化学反応を起こして、ガン細胞を破壊するといわれています(抗ガン作用)。
その他にも、アミグダリンには酸性に傾いた血液のPHを弱アルカリ性に戻す効果があるという研究結果が報告されています(血液浄化作用)。
また、アミグダリンが分解される過程でできる安息香酸という成分には、
抗リウマチ作用
殺菌・抗ウィルス作用
鎮痛作用
などがあるとされています。

2. 温灸の温熱効果

漢方成分を配合したもぐさから出来ている棒灸をビワの葉の上から身体に押し当てることで、あますことなく体内にお灸の熱が浸透し、効率よく身体をあたためることができます。

3. 温灸の押圧効果

ひとつひとつのツボを刺激するだけでなく、流れに沿って施灸することで、経路全体を整え、気血の巡りを良くし、内臓の働きを正常にします。
以上のことから、
・がん治療やリウマチ治療などの補完代替療法として
・自己治癒力、免疫力の強化に
・冷えの改善、血液・リンパ液の循環改善に
・痛みのケアに
・デトックス(解毒・排毒)に
などの効果が期待できます。

3Dダイナミック療法とは?

3Dダイナミック療法とは、治療効果の高い中周波を立体的に効かせることで、ソフトな刺激で治療効果を深部に届かせることができる、最新の総合刺激治療器を使った治療法のことです。コリや痛みをとったり、神経の興奮を取り除いたりなどの治療にだけではなく、美肌の施術、筋トレや部分的シェイプアップなど、幅広いアプローチが可能です。

ページの終了